みちくさブログ

自然界と一緒に歩いていこう

Category [食べられる野草 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ギシギシ

低地から高地まで群生する多年草。葉は根ぎわから束状に出て20cm程の楕円形になり、緑が波うつ。夏には1m程伸び、淡い緑色の小花をつける。実を振るとギシギシなることから名付けられたと言われる。葉が開く前のさやに包まれている若芽の部分を食用する。(ぬめり有)おひたし/和え物/汁の実/漬け物...

ユキノシタ

平地から山地まで日陰の湿った所に群生する多年草。葉は多くの毛が生え、表面には葉脈に沿って白色の筋がある。細い赤色の茎が伸び、その先から新しい株が生える。初夏に白い小花が多数咲き、庭の下草としても親しまれる。和え物/天ぷら/炒め物/汁の実...

チョウセンゴミシ

つる性の落葉低木。低山から高山まで群生し、つるは他木にからみつきながらかなりの高さまで伸びる。葉は先のとがった楕円形で、花は淡黄白色。花が終わると房状の鮮やかな赤い果実をつける。実を噛んでみると甘酸っぱさ・苦味・塩味などの複雑な味。この味が[五味]。江戸時代に朝鮮から伝えられたことから[朝鮮五味子]の名がつけられた。滋養強壮によいとされ、果実酒は大変美味。果実酒/生食では苦味が強い...

オオバコ

長い穂柄をからませて引き合い、切れた方が負け・・そんな遊びからスモウトリグサとも呼ばれる。葉身に太い葉脈が数本縦に並んでいるのが特徴。できるだけ若い葉を選んで摘む。  生のまま     天ぷら/炊き込みご飯茹でて水にさらし  和え物/おひたし...

イヌビユ

イヌビユはヒユに似た雑草の意。平地から山里まで人の住む近くに生える一年草。初夏から秋口まで若芽や若葉、枝先を摘みとる。茹でて水にさらし冷凍保存できる。おひたし/和え物/炒め物/天ぷら/汁の実...

オヤマボクチ

昔は葉裏の白い綿毛を集め、乾かして火種に使ったそうだ。石打の火花を移し取る火口(ほくち)にした草の中でも猛々しく立派に見えたので雄・山・火口の名になったという。若芽を天ぷらに。香り高く少し苦味もある。若葉は茹でて細かく刻み、餅に入れて草餅を作る。北志賀方面ではソバの繋ぎにも使われ美味。おひたし/和え物/天ぷら/汁の実...

クワの実

日本各地の山野に自生。初夏に黒紫色に熟したクワの果実。そのまま食用にする。甘くて美味しい。生食する他、ジャムや果実酒、乾燥させ乾果として保存も可能。ジャム/果実酒/乾果...

スベリヒユ

畑や庭、道ばたなどの日当たりのよい土地に好んで生える一年草。東北の山村ではヒョウナと呼び、干したものが売られている。夏から秋にかけて枝先に黄色の小花を数個つける。茹でてから水にさらし調理する(天日干しにして乾燥させておくと保存できる)おひたし/和え物/油炒め/汁の実 等 和風から中華まで用途は広い...

Menu

プロフィール

ききょう

Author:ききょう
ようこそ、自然から学ぶ会へ

「桔梗(キキョウ)」も実は食べられるんですよ♪

カウンター

季節の飾り付け

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。